« さらに99分CD-R | トップページ | 有朋自遠方来 »

2011年11月 6日 (日)

松本記念音楽迎賓館でのコンサート

_1 今日(11月6日)、会社の友人が集まって続けているコンサートに行ってきた。今回は松本記念音楽迎賓館というところ。
 元の所有者である松本望氏は、パイオニアの前身である福音紹介電気製作所の創業者、とのこと。
世田谷の閑静な住宅街の中にあり、門前に到着すると、鳥の鳴き声に圧倒される(つい先日、爆笑問題の番組でも使われたそうな)。
 1階にランドフスカがチェンバロを復活させたときの最初のモデル、というのがあった。鋼鉄のフレームの現代チェンバロ。ペダルも7個付いていたが、カプラーと何だろう?
 2階のホールは、比較的残響が多めの部屋。2段チェンバロ、小型のパイプオルガン、ベーゼンドルファー、マリンバ、ビブラフォンが備え付け。今回はこのチェン_2_2バロとピアノを使う。
 曲は、テレマン、モーツアルト、他いろいろ。即興の演奏もあったが、まぁこれは好き好き。
 録音専用要員として行ったのだが、88.2kHz/24bitsサンプリングは何とかうまくとれたようだ。良かった (バックアップに取った44.1kHz/16bitsが失敗。何故??)。
 普通の曲(?)は拍手がレベルアウトする程度で楽音はOKだったが、即興はバスクラリネットとソプラノサックスが音量でかすぎ。
_3 まずは、88.2kHzと44.1kHzの比較をして見ることに。

|

« さらに99分CD-R | トップページ | 有朋自遠方来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松本記念音楽迎賓館でのコンサート:

« さらに99分CD-R | トップページ | 有朋自遠方来 »