« アメフト観戦 | トップページ | 竿マイク 極細バージョン »

2017年12月20日 (水)

今年最後のコンサートの録音

Photo 尾城杏奈(おじろ あんな)さん。
 曲が凄い。後で聞いたら、9月にコンクールがあって、今回のコンサートの練習はその後始めたそうですが、殆ど初めて演奏する曲だとのことでした。
  モーツァルト / アレグレットによる12の変奏曲 変ロ長調
  スクリャービン/ 2つの詩曲 op.32(44から変更になりました)
  スクリャービン/ ピアノソナタ第6番 op.62
  ショパン/ アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調op.22
  ショパン / 3つのマズルカ op.59
  リスト/ パガニーニによる超絶技巧練習曲 第3番 「ラ・カンパネラ」
  リスト/ 超絶技巧練習曲第5番 変ロ長調 s.139-5 「鬼火」
  リスト/ 巡礼の年 第1年 「スイス」オーベルマンの谷 s.160/R.10
 それにしても、そういう状態でリストの難曲を3曲どころか、スクリャービンまでやりますかね。若いと言うことは恐ろしいことです(二十歳だそうな)。流石にところどころにキズはありましたが。

 Img_1468_sラ・カンパネラは久しぶりの生ですが、本番よりリハーサルの方が、…..と思っていたら、終了後の食事会で本人もリハーサルのほうが良かったと言っていました。私もそれなりに、聴けているようです。

 と、思ったら、隣の席にいたピアノを教えている先生が、「マズルカの小さな音で出る旋律が際立って聞こえてきて、素晴らしい。普通、埋もれて聞こえないのに」、と言われ、やはり、聴いているところが違うな、と感心しました。
Img_1461_s
 プレコンサートは中一の双子の連弾。これも元気が良くて素晴らしかったです。

 今回はピアノのみなので、マイクは正面のバウンダリーと右側に竿を3mほどの高さに設置しました。録音はまずまず。
 これからCD作成です。

 今年はこれで終わり….あ、除夜の鐘があるか。

|

« アメフト観戦 | トップページ | 竿マイク 極細バージョン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年最後のコンサートの録音:

« アメフト観戦 | トップページ | 竿マイク 極細バージョン »