« 中華アンプの品質 | トップページ | 3月3日はクロカルコンサート »

2018年2月27日 (火)

先日のオペラのCD

 先日のコンサートの録音、微妙に失敗、ノイズがのっています。バウンダリーは足音が大きく入っていて一寸辛い。竿(スタンドの)マイクは、途中でノイズがのっていて聞き辛いところが出来てしまいました。
82min_cd 微妙にノイズがのっていますが、スタンドのほうでCDを作成しました。解説、台詞入りのものと、音楽だけ切り出したもの、の2種類です。
 CDに焼く段になって、時間を見たら82分強で80分CD-Rでは溢れてしまう?
 で、試しに焼いてみたら焼けました。少しは余裕があるだろうな、とは思っていましたが、2分以上の余裕があるとは思いませんでした。ラッキー!....ですが、
 以前、90分CD-Rや99分CD-Rを使ったときには、焼けることは焼けても再生できるプレーヤーが殆ど無く、断念していました(クナッパーツブシュのブルックナー8番とバーンスタインのマーラー2番)。
Cd__127 このCD-Rも家では再生できていますが、配布先の演奏者の方のプレーヤーでは再生できないかもしれません。まぁ再生できないのはアンコールだけだし、アンコールは楽曲だけのCDで再生できるので、良しとしときましょう。

|

« 中華アンプの品質 | トップページ | 3月3日はクロカルコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先日のオペラのCD:

« 中華アンプの品質 | トップページ | 3月3日はクロカルコンサート »