« お寺のオークションで落としたCDP(つづき) | トップページ | 今期のアニメ »

2018年7月27日 (金)

88.2kHz/24bitが上手く動作しなかった訳

 以前、TASCAMのオーディオインターフェイスで 88.2kHz/24bit が上手く録音できない旨書きましたが、TASCAMに問い合わせたところ、丁寧な説明が返ってきました。
 Windows7の仕様で 88.2kHz/24bit はデフォルトで設定されていないようです。他は動作するけれど、88.2kHz/24bit は設定を変更してあげないといけない。
 ということで、設定変更で無事動くことを確認できました。
 まぁ今の世の中、96kHz/24bit でSDに録音して、そのままDACへ突っ込めば良いので、88.2kHzなんてニッチな設定は消えゆく運命ですかね。
 CD作るには88.2kHzのほうが良いと思うんですけれど...。近頃CD-Rも品種が少なくなってきて価格も上がってきているし困ったことです。

|

« お寺のオークションで落としたCDP(つづき) | トップページ | 今期のアニメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 88.2kHz/24bitが上手く動作しなかった訳:

« お寺のオークションで落としたCDP(つづき) | トップページ | 今期のアニメ »