« バウンダリーマイクの電圧配分 | トップページ | 古楽をどうぞ コンサート(10月20日) »

2018年10月13日 (土)

DR-100 その後

Dr100_20181012_1 DR-100のPhantom電源を供給しているインピーダンスを測ってみました。
 図のようにキャノンコネクタに 47 k の抵抗を付けて電圧降下を測定しました。
 47.6 V が 41.7 V になるので、6.65 k を通して供給されていることになります。
Dr100_20181012_3 入力インピーダンスが仕様書上は 1.2 k になっているので、カップリングコンデンサの向こうは 1.45 k かな。
 
 ところで、内蔵マイクは、外見からは正面を向いているように思えますが、中身は 45°傾いてついているようです。
Dr100_20181012_2

|

« バウンダリーマイクの電圧配分 | トップページ | 古楽をどうぞ コンサート(10月20日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DR-100 その後:

« バウンダリーマイクの電圧配分 | トップページ | 古楽をどうぞ コンサート(10月20日) »