« 友人のコンサートの録音 | トップページ | マイクのノイズは? »

2019年4月20日 (土)

久しぶりにロ短調ミサを聴いてきた

 ヴォーカル・コンソート東京、という合唱団のコンサートを聴いてきました。
Image3  開成町で録音させていただいたアルトの高橋幸恵さんのご紹介です。
 会場は渋谷のさくらホール。
 残念ながら高橋さんはのどの不調でソロは無し。

 前から6列目で聞きましたが、どうなんでしょう?ソロが聞きにくいところがあったのは場所の所為か、場所には関係ないのか。Credoの前に休憩があったので席を変わってみれば良かった....。
 コルノ・ダ・カッチャはやはり難しいんでしょうか、今回も少し乱れていました。BCJの時もがっかりしましたから、相当難しいんでしょうね。
 Confiteor から Et exspecto へ入る霧の中からわ~っと集中していくところは素敵でした(というか、私の好みの流れでした。最近の演奏はあっさりしすぎ)。
 最後の方で、ひげをはやしたおっさんが出てくるので、(あれ、次は Agnus Dei だよな?)と思っていたら、なんとカウンターテナーでした。が、これが美しくて通る声で凄かった。聞かせどころでは背筋がぞくぞくしました。そのまま、DonaNobis へ突入、感動的でした。
 やっぱり生はいいな。

|

« 友人のコンサートの録音 | トップページ | マイクのノイズは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 友人のコンサートの録音 | トップページ | マイクのノイズは? »