« マイクアンプ製作会へ向けて | トップページ | バウンダリーマイク作成 第2段 »

2019年8月30日 (金)

マイク作成合宿

 27ー28日に川崎のG寺で行われたマイク作成合宿に参加しました。
 
20190830_mic_amp_1   マイクを作り出したのが2007-8年頃なので、もう10年以上になります。
 最初はRCAコネクタ出力でしたが、2013年にファンタム電源対応を作り、その時からほぼ現在の回路に近い方式(入力直後から差動信号を取り出す方式)を採用していました。
 
 今回、専用プリント板を作っていただいたお陰でいろいろトライすることが出来ました。
 特に、同じような基板が(比較的)簡単に沢山作ることが出来るのが大きいです。カプセルのばらつきの測定が簡単になり事前にペアを作ることが出来ました。その結果、回路定数の絞り込みが楽になりました。
 
 基本の回路は図のとおりです。
 最初は、マイクカプセルの FET のソース抵抗R1を大きくすることばかり考えていましたが、FET のIdssのばらつきを吸収する方向で考えることにしました。
 
 (1) C4 にかかる電圧が 30 V くらいになるようにする(ファンタム電源は 48 V 必須)。
 (2) R1 の電圧が 10 V くらいになるようにする。Idss の max が 0.5 mA として 20 kΩ。
 (3) マイクカプセルの FET にかかる電圧を 5-7 V にする。⇒ R10 と R12 で調整。
 (4) ゲインを下げる場合は R3、R4 に適当な抵抗を挿入。
20190830_mic_pt 20190830_mic_3    ⇒ このマイクアンプは通常のアンプより(ドレイン側から反転信号を取り出しているので)6 dB ゲインが高いため、ゲインを落とす抵抗を入れられるようになっています。
   
 ということで、基本は R10 と R12 のみ調整し、必要に応じて R3、R4 を調整することにします。
 
 
 マイクはアルミパイプを適当な長さにカットして作りますが、『パイプカッターというのがあるよ』とご指摘を受けました。
 今までカッターとやすりで苦労して切っていたのですが.....パイプカッターだと簡単に切れます。道具は大切です。兼好法師のおっしゃる通り、『少しの事にも先達はあらまほしき事なり』、です。
 
 合宿中にほぼ同じ感度のマイク3本を無事仕上げることが出来ました。

|

« マイクアンプ製作会へ向けて | トップページ | バウンダリーマイク作成 第2段 »

コメント

製作会で関沢さんとかG寺住職が作ったマイクを見ていて、XLRコネクタにパイプを固定したマイクを普及させてみるのもいいかなという気がしています。
次の三土会で皆さんの意見を聞いてみるのがいいかもしれませんね。私的には、2ペアくらい作ってみたいと思っています。

投稿: 蝦名 | 2019年9月 7日 (土) 17時15分

 亀レスですみません。すっかり見逃してました。
 パイプ+コネクタのマイク、結構気に入っていて作る気満々(このブログ見てればわかるように)、山ほど作っています。
 これだと適当な長さにすると吊りマイクとしても使えるので1回やってみたいなと思っています。

 標準サイズを決めて、改めてマイク作成会でもやりましょうか。でも録音する機会って普通はそんなにないですから微妙ではありますね。

投稿: 抜作三太郎 | 2019年10月10日 (木) 19時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マイクアンプ製作会へ向けて | トップページ | バウンダリーマイク作成 第2段 »