« ファンタム電源供給回路の調整 | トップページ | マイク作成合宿 »

2019年8月18日 (日)

マイクアンプ製作会へ向けて

 エビさんのマイクアンプ基板を使った製作会を行うことになったので、その準備を兼ねて抵抗値の見直しを行うことにしました。
 まずはマイクカプセルの準備から。
_20190818_20190818231401 _20190818  以前にも書いたような気がしますが、WM-61Aもどきを写真のようにカッターでカットします。老眼だと結構切る位置がずれて壊しちゃったりしますが、まぁ安いので.......。とりあえず、サクっと10個くらい作りました。
 改造としては(ケースをドレインに結合する)2端子とグランドを別にする3端子がありますが、どちらが良いのかわかりません。ただ、2端子の方が作成後いろいろいじっていても壊しにくい(銅箔を剥がしにくい)のでそちらにしています(オリジナルのWM-61Aはグランドがすぐに剥がれて往生しました)。
 
 で手持ちの抵抗を使った場合、マイク内部のFETが Idss = 0.39 mA のもので各部の電圧は図のようになります。
_20190818_s  マイク内部のFETにかかる電圧( 6.8 V )とゲート接地のFETの電圧( 4.9 V )配分が良くないですね。2SK879YのIdssは 1.2~3.0 mA で 0.39 mA の Id だと Vgs が 0.6~1.5 V くらいになり、これが原因です。
 なるべくソース抵抗を大きくするために、マイク内部 FET の Idss に合わせてソース抵抗を調整することを考えていましたが、ソース抵抗を変えずにマイク内部の FET にかかる電圧が適正になるようにゲート接地の電位を調整する( R8, R9 を調整する)方が良いような気がしてきました。 47 k を 43 k にすると 0.6 V くらい、39 k にすると 1.3 V くらい調整できます。

|

« ファンタム電源供給回路の調整 | トップページ | マイク作成合宿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファンタム電源供給回路の調整 | トップページ | マイク作成合宿 »