« バウンダリーマイク作成 第2段 | トップページ | 3端子改造カプセルのマイク »

2019年9月12日 (木)

蜜蜂と遠雷

 やっと読みました。「やっと」というのは文庫本になるのを待っていたから。でも2分冊で結局値段がハードカバーと大して変わらない....。それなら早く読めば良かった。
Book001  一気読み、しかも2回も。2回目をすぐに読んでいるのに細かい部分をほとんど覚えていないのが情けない。でも、読むたびに感動します。
 著者は一体どれほど曲を知っているんでしょう。プロコイエフとバルトークのピアノコンチェルトはまだしも、アフリカ幻想曲なんてどれほどの人が知っているんでしょうか。私が単に無知なだけ?(今度、浜コンフリークの先生に聞いてみよう。)
 
 これだけの内容を2時間の映画に出来るのかなぁ。
 
 
 チェンバロの練習をどうしようか、考えちゃいますね(ぼーっと練習してんじゃねーよ ってか)。
 

|

« バウンダリーマイク作成 第2段 | トップページ | 3端子改造カプセルのマイク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バウンダリーマイク作成 第2段 | トップページ | 3端子改造カプセルのマイク »