« マイク作成合宿 | トップページ | 蜜蜂と遠雷 »

2019年9月 6日 (金)

バウンダリーマイク作成 第2段

  エビマイク基板があるので、バウンダリーマイクを小ぶりにすることにしました。
20190905_b_mic_01  マイクアンプをコネクタに入れれば小さくできますが、カプセルの出力をそのまま引っ張るのはどうか、ということで、プリント板を本体内に組み込みます。
20190905_b_mic_02  厚さ6mmの合板に組み込むので、OSコンを外して普通の細いタイプのケミコンに交換します。両側を銅板ではさみ、シールドします。合板は直径120mm。 もっと小さくもできますが、あまり軽いのもどうかと思い、このサイズに。表には鉛板を貼りました。ケーブルは4mm径の2芯ケーブルにしました。
20190905_b_mic_03 420190905_b_mic_03  中心は内径8mmのアルミパイプ。カプセルの外径は6mmなので、熱収縮チューブを3重に重ね、二硫化モリブデン(潤滑剤)を付けて嵌め込みます。床の振動が伝わらないように、100均ショップのダンパーを5mm□に切って『足』にします。最後にスカートをはかせて出来上がり。
20190905_broken_mic_01  作っている最中にパターンを剥がし、マイクを壊してしまいました。ハンダ付け後は樹脂で固めればいいんでしょうけれど、2線式か、3線式か、で悩むので固められないでいます。


|

« マイク作成合宿 | トップページ | 蜜蜂と遠雷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マイク作成合宿 | トップページ | 蜜蜂と遠雷 »