« 3端子改造カプセルのマイク | トップページ | WM-61Aの三端子改造と二端子改造の違い(簡易比較) »

2019年10月10日 (木)

貸し出したマイクの評価

 Jazzの録音用に貸し出していたマイクの感想が来ました。

 『マイクとしては問題なく良く録れるが、細長いので強度が不安。レコーダーと同じサイズだと持ち運びが楽になる。』

 ということなので、もう一組短いのを作りました。
 
20191009_new_mic_for-sakamoto_2 『R用のボディを全体を赤一色にするというのも個性的で面白そうです。』

 と、コメントをいただいたのですが、コネクタは黒しかないので出来るだけ赤っぽくなるようにしてみました。
 低感度バージョンでプリント板を作り、2端子タイプで仕上げました。
 20191009_new_mic_for-sakamoto_1 マイク感度は以前測ってペア取りがすぐ出来るので、半日作業で出来上がりました。
 慣れたとはいえやはり専用プリント板があるのは強い。
 
 アルミパイプの長さを全長がTASCAMの100Mk3と同じになるように調整しました。
 非常用を含めて3本渡す積りですが(部品が足りなくて3本目が作れていません)、白は汚れが目立つので(意味不明ですが)青で作ろうと思っています。

|

« 3端子改造カプセルのマイク | トップページ | WM-61Aの三端子改造と二端子改造の違い(簡易比較) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3端子改造カプセルのマイク | トップページ | WM-61Aの三端子改造と二端子改造の違い(簡易比較) »