« WM-61Aの三端子改造と二端子改造の違い(簡易比較) | トップページ | CD-Rとジャケット用の紙 »

2019年12月12日 (木)

録音三昧?

 というわけではないですが、近頃録音が集中しています。
 11月10日(日)に、(元)会社の同僚のコンサート(新しいバウンダリーマイクと、スタンド)、
 11月24日(日)に、地区自治体の音楽祭(新しいバウンダリーマイクと、天井から吊り下げ。3本脚のマイクスタンドの使用は却下されました)、
S__dscn4364 11月30日(土)に、チェンバロの師匠の歌唱のコンサート(棚にバウンダリーマイク(黄色)と天井(シャンデリア)から吊り下げ(水色)。場所が狭く選択肢が無い)、
S__dscn4374_20191217105801  12月 1日(日)に、開成町のピアノコンサート(新しいバウンダリーマイクと、自立スタンド:3本脚のマイクスタンドをステージ中央に使用するのは却下されました。で、右の方にスタンドを設置、3系統で録りました)、
S__dscn1791_20191217104701S_dscn4400_20191217104701S_dscn4390_20191217104401
 12月 7日(土)に、娘の通っていた合唱団/ヴァイオリン教室の慰問コンサート(聴衆の後ろに立てたスタンドと新しいバウンダリーマイク:写真の左端にかろうじて写っています)。
 
 12月14日には、以前ピアノコンチェルトを録音させていただいたクレッセント音楽教室の録音を依頼されました。が、こちらは6時間の長丁場、結構辛いっす。

 新しく作ったバウンダリーマイク、大活躍です。小さいし色も茶色で床の色に対して目立ちません。意外と良く録れています。
S_dscn4414  但し、12月7日は踏まれました。床の振動を伝えないように、ということで埋め込んだジェルの足が抜けるほどの力で踏みにじられたようです。
 でも、踏まれるくらいは想定内、マイクがもし壊れたら直せば良いだけです(近頃『想定外』という言葉が安すぎるような気がします。単に想像力、危険察知能力が不足しているだけだろうと思うのですが....)。
 幸い踏まれた割にはちゃんと録音できていました。途中に一寸変な音が聞こえるような気がするのは、このときに踏まれたかな??       
 
  さて、これだけ集中するとCDの編集にあまり時間をかけていられません。
 11月10日のは22枚コピーして送付しました。
 24日のは映像との合成用にハイレゾの音源をビデオ担当に渡し、演奏者3人に各2枚を送付しました。
 30日のはジャケット不要、只今編集中。
 12月1日のは3名の演奏者に各2枚と主催者に2枚送付。
 12月7日分は只今編集中です。こちらは何枚コピーが必要かなぁ。

|

« WM-61Aの三端子改造と二端子改造の違い(簡易比較) | トップページ | CD-Rとジャケット用の紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WM-61Aの三端子改造と二端子改造の違い(簡易比較) | トップページ | CD-Rとジャケット用の紙 »