« 2019年12月 | トップページ

2020年1月29日 (水)

1月18日のコンサート録音

S_dscn4488  我が家のチェンバロ参加のコンサートの録音、二俣川のサンハート。今回は能管が参加する、ということでレベル調整がまた厄介になります。
 リハーサルでレベルを調整しましたが、やはり本番はレベル高くなりますね、1系統はアウト(クリップ)。
 
83min_cd S_dscn4494_83mincd こちらの編集は前回のピアノ演奏会の編集が終わってから、ということで、遅くなっていました。
 いつも演奏時間が1枚に納まるか2枚に溢れるかギリギリのところなのですが、今回も容量が700MBを少し超えました。
 で、1枚に焼けるかな?とやってみたら見事に焼けました。47MB以上オーバー、時間は83分超です。使用したCD-Rは某○菱化学の横文字ブランドです。

| | コメント (3)

CD作成完了

 演奏者各2枚作成+74枚、作り終わりました。
S_dscn4493  演奏者向けは発送済、即誤植を指摘され、早速ジャケットの修正版を送りました。7種のジャケットを一人でやっつけるのは苦しいです。

Img_2194  今回はジャケットの紙に両面光沢紙を奮発しました。お馬鹿なプリンターのお陰で20枚くらいロスしましたが、何とか印刷できました。CDケースを買った箱に入れて引き渡しです。


 紙がかなり減ったので追加購入しようと思ったら、在庫切れの上『再入荷予定はたっておりません』と出ています。もっと買っておけばよかっ た。
 またダイソーの紙のお世話になるのかな.........。

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土)

新年最初の録音

 『新進演奏家の集い』ということで、1月12日、7人の若手演奏家の録音をしてきました。
20200112_book038  ピアニスト5人、ヴィオラ、マリンバ各1人です。
 ピアニストのうち2人は中2で、第20回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 中学生部門アジア大会金賞、第20回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA コンチェルトB部門アジア大会銅賞、だそうです(休日は1日9時間練習しているそうです。一寸指をひろげたら腱を傷めてテニスエルボーになるのとは大違い...)。
 う~~ん、それは凄い、....は良いんだけれど、開演10時、終焉予定17時15分、7時間超の長丁場で結構辛いものがあります。96 kHz/24bit だと 14 GB になります。
 
20200112_dscn4442  バウンダリーマイクとスタンドを立てて2系統で録りました。が、ネットで買った安SDカードを使った方はTime outで時たまフリーズしてしまいました。
 バウンダリーの方はちゃんと録れたので、それを使ってCDを作成します。
 で、要求が、演奏家に各2枚(または3枚)、その他スクール生の勉強用に10セット下さい、と言われました。簡単におっしゃいますが(メールだけど....)90枚くらいコピーしてってことですよね......? ジャケット込みで.................。一寸萎えます。 

 とりあえず、CD-Rとケース買わないと......(CD-Rは Non-wide の方が好きなんだけれど安い Wide の方を買います)。

 演奏は素晴らしいです、知らない曲が多いんですけれどね。こういう録音に携わっているとこれまで知らなかった曲に巡り合えるので楽しいです。

| | コメント (0)

2020年1月12日 (日)

オスーオスXLRコネクタケーブルの作成

 先日の録音で、ホールの配線を借りようとしたら、ホールに取り付けられているコネクタは全てメスであることがわかりました。オスだと端子に簡単に触れてしまえるからですね。
 こちらは普通のオスーメスケーブルしか持っていないので、オスーオスのケーブルが必要になります。先日はビデオ撮影業者さんからお借りしましたが、そのくらいは持っておこう、ということで作りました。
S_img_2193  めったに使うこともないのでケーブルは目立つ色にして、税込88円のコネクタに1m110円のケーブルを20cmばかり2本、材料費500円弱で作れました。
 .............それだけです。

| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

除夜の鐘

 今回も除夜の鐘を録音してきました。
 いつもは、鐘の横で録るのですが、それだと鐘が鳴りだしてからやおら家を出るので、最初の部分を録音できません。
S_img_2183  そこで今回は早めに家の前にマイクをセッティングして放置して録音しました。
  寺から60mくらい離れているのですが、門柱の上に50cmほど離してマイクを設置しましたが、右と左で唸りの状況がかなり違います。
 どうなっているんでしょうね、不思議です。
 鐘の近くでは、憧座の方向(突き棒の方向)は唸りが殆ど聞こえず、45度の方向はかなり唸りが聞こえます。

S_img_2187  今年は雪もなく例年より人が多く(と言っても10人ほどですが...)最後まで数人残っていました。

 今回は、撞き始めから撞き終わりまで録音できました。回数がカウントできる、ということです(^_^;)。

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ