2015年7月12日 (日)

戸田奈津子さん講演会 へ行ってきました。

 字幕とスターの通訳で有名になっている戸田奈津子さんの講演は、会社がいろんな分野の人を招待して講演していただいているセミナーの一環。
 中学生の頃映画にあこがれて英語を始めたけれど、字幕の訳者は10人くらいの男性が囲っていて、なかなか入れなかった。
 それでもタイプ打ちか何かで映画関係の仕事についていたら、たまたまスターが来日し、人がいないので通訳として引っ張り出されたのが英語をしゃべった最初だとか。
 たいしたことはできなかったけれどそれでも何度も引っ張り出されたのは、英語がうまいからではなく、映画を良く知っていたので話が通じるから。
ただ、英語をやるんじゃなくて、興味があることをやり続けることが大事なのよ、という話。

映画の変化は大きく三つあった。
●CG。これはルーカスがティーンエイジャーのころ考えたストーリーを人に見せたい、と考えていて、それを実現するために必要な手段だった。
スターウォーズの全9話の内の4話からスタートしたのは、1話を映像化するには技術レベルが不足していたから(4話ならできた)。
●3D。これはキャメロンがティーンエイジャーのころ考えたストーリーを人に見せたい、と考えていて、それを実現するために必要な手段だった。タイタニックで大金を手にしたので、3D技術を開発するのに10年つぎ込んでアバターを作った。
 戸田さん曰く、アバター以外は3Dにする意味が見えない、アバターだけは3Dで見ないと意味が無い、とのことでした。....見ていない...。
●後はフィルムがなくなった事。字幕作成のための映像がネットで送られてくる。勿論セキュリティーはばっちりなのだけれど。
CGが発達しており、監督はぎりぎりまで手を入れるので、字幕作成期限ぎりぎりまで最終版が送られてこない。時間が無いので最終版の前のCGが写りこんでいない映像が送られてきてそれに字幕を当て込むんだそうです。
 ジュラシック・ワールドはかなり楽しめますよ、とおっしゃってました。
 今年の冬はスターウォーズの第7話が出るので、皆さん冬は避けておられるとのことで、この夏、いいのが目白押しになりそうですよ、ともおっしゃってました。

 因みに、字幕で映画を見るのは日本だけ。それだけ識字率が高いということ。日本は、俳優の生の声を聞きたい、という要求が強い所為もある。他国は全部吹き替え。
 そうでしたか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

近頃見た映画

 ブラックスワン以来しばらく見ていなかったので、コクリコ、ハリポタ、トラフォを見てきた。
 我が家は吹き替えをみる趣味が無いので、公開から少し遅れて見に行くと、都合のよい時間に字幕版をやっていない。ハリーポッターは吹き替えばかりで字幕が一コマしかなく、結局、午後半休を取って見に行った。流石にエンタメ、楽しめる。スネイプ先生、かっこよすぎるでしょ。
 コクリコ坂は消化不良ですね(借り暮らしもそうだが)。耳を澄ませばの方が好き。見方が悪いのかな...。
 トランスフォーマーは、人間が超人ばかりであり得ないことだらけだけれど、それを言っちゃぁおしまい、約2時間楽しんできた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

Enchantedを見てきました。

 ディズニー映画ですね。良くぞあのエドワード王子を見つけてきました、と言うところでしょうか。ジゼルは少しふけてない? Sound of Musicとキングコングはわかったけれど、他にもパロディーはあったのかしら? 安心して楽しめる映画でした。チャンチャンっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)