2020年1月29日 (水)

1月18日のコンサート録音

S_dscn4488  我が家のチェンバロ参加のコンサートの録音、二俣川のサンハート。今回は能管が参加する、ということでレベル調整がまた厄介になります。
 リハーサルでレベルを調整しましたが、やはり本番はレベル高くなりますね、1系統はアウト(クリップ)。
 
83min_cd S_dscn4494_83mincd こちらの編集は前回のピアノ演奏会の編集が終わってから、ということで、遅くなっていました。
 いつも演奏時間が1枚に納まるか2枚に溢れるかギリギリのところなのですが、今回も容量が700MBを少し超えました。
 で、1枚に焼けるかな?とやってみたら見事に焼けました。47MB以上オーバー、時間は83分超です。使用したCD-Rは某○菱化学の横文字ブランドです。

| | コメント (3)

CD作成完了

 演奏者各2枚作成+74枚、作り終わりました。
S_dscn4493  演奏者向けは発送済、即誤植を指摘され、早速ジャケットの修正版を送りました。7種のジャケットを一人でやっつけるのは苦しいです。

Img_2194  今回はジャケットの紙に両面光沢紙を奮発しました。お馬鹿なプリンターのお陰で20枚くらいロスしましたが、何とか印刷できました。CDケースを買った箱に入れて引き渡しです。


 紙がかなり減ったので追加購入しようと思ったら、在庫切れの上『再入荷予定はたっておりません』と出ています。もっと買っておけばよかっ た。
 またダイソーの紙のお世話になるのかな.........。

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土)

新年最初の録音

 『新進演奏家の集い』ということで、1月12日、7人の若手演奏家の録音をしてきました。
20200112_book038  ピアニスト5人、ヴィオラ、マリンバ各1人です。
 ピアニストのうち2人は中2で、第20回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 中学生部門アジア大会金賞、第20回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA コンチェルトB部門アジア大会銅賞、だそうです(休日は1日9時間練習しているそうです。一寸指をひろげたら腱を傷めてテニスエルボーになるのとは大違い...)。
 う~~ん、それは凄い、....は良いんだけれど、開演10時、終焉予定17時15分、7時間超の長丁場で結構辛いものがあります。96 kHz/24bit だと 14 GB になります。
 
20200112_dscn4442  バウンダリーマイクとスタンドを立てて2系統で録りました。が、ネットで買った安SDカードを使った方はTime outで時たまフリーズしてしまいました。
 バウンダリーの方はちゃんと録れたので、それを使ってCDを作成します。
 で、要求が、演奏家に各2枚(または3枚)、その他スクール生の勉強用に10セット下さい、と言われました。簡単におっしゃいますが(メールだけど....)90枚くらいコピーしてってことですよね......? ジャケット込みで.................。一寸萎えます。 

 とりあえず、CD-Rとケース買わないと......(CD-Rは Non-wide の方が好きなんだけれど安い Wide の方を買います)。

 演奏は素晴らしいです、知らない曲が多いんですけれどね。こういう録音に携わっているとこれまで知らなかった曲に巡り合えるので楽しいです。

| | コメント (0)

2020年1月12日 (日)

オスーオスXLRコネクタケーブルの作成

 先日の録音で、ホールの配線を借りようとしたら、ホールに取り付けられているコネクタは全てメスであることがわかりました。オスだと端子に簡単に触れてしまえるからですね。
 こちらは普通のオスーメスケーブルしか持っていないので、オスーオスのケーブルが必要になります。先日はビデオ撮影業者さんからお借りしましたが、そのくらいは持っておこう、ということで作りました。
S_img_2193  めったに使うこともないのでケーブルは目立つ色にして、税込88円のコネクタに1m110円のケーブルを20cmばかり2本、材料費500円弱で作れました。
 .............それだけです。

| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

除夜の鐘

 今回も除夜の鐘を録音してきました。
 いつもは、鐘の横で録るのですが、それだと鐘が鳴りだしてからやおら家を出るので、最初の部分を録音できません。
S_img_2183  そこで今回は早めに家の前にマイクをセッティングして放置して録音しました。
  寺から60mくらい離れているのですが、門柱の上に50cmほど離してマイクを設置しましたが、右と左で唸りの状況がかなり違います。
 どうなっているんでしょうね、不思議です。
 鐘の近くでは、憧座の方向(突き棒の方向)は唸りが殆ど聞こえず、45度の方向はかなり唸りが聞こえます。

S_img_2187  今年は雪もなく例年より人が多く(と言っても10人ほどですが...)最後まで数人残っていました。

 今回は、撞き始めから撞き終わりまで録音できました。回数がカウントできる、ということです(^_^;)。

| | コメント (0)

2019年12月16日 (月)

クレッセントコンサートの録音

 開演:13:00 終了予定:18:45 !!
 なんと約6時間! 準備のため9時頃入りましたが、先生はもっと早くから準備作業をしています。
 2台のピアノがある近くのホールを探したら海老名文化会館になったそうです。音楽劇があるので、ヴィデオのスタッフ(プロ)も入っています。
 S_dscn4418  マイクはバウンダリーとスタンドを立てようとしましたが、劇があるので不可、とのことで吊りマイクからいただくことにしました。AKGの414はヴィデオスタッフの持ち物です。
   ヴィデオ用には吊りマイク以外に、ATのバウンダリーマイク4個をステージの上に均等配置、ピアノに高級マイクロフォン2本(名前忘れましたが1個30万円とか言っていました)を設置しています。
S_dscn4415_20191217070701  焦ったのは、ホールからもらえるコネクタは全てメスのため、オス←→オス変換ケーブルが必要でした。自分で作ると入力は全てメス、出力はオスなので問題ないのですが、ホールはどちらもメスなんですね。変換ケーブルの必要性を実体験しました(早速部品買って作っておくことにします)。
 
 バウンダリーマイクはステージから床に垂らして一番前の座席でレコーダーをセット、吊りマイクからいただいたラインは陰マイクのところにあるコネクタボックスからいただいて(変換ケーブルはスタッフにお借りしました)ボックスの上に放置しました。電源はホールはモバイルS_dscn4421 バッテリーを、バックステージはダイソーのUSB電源を使いました。
 6時間で約12GB。96kHz/24Bitなので当たり前です。
 
 演奏は小学生から全日本ピアノコンクール中学生部門全国2位を含め大人まで、ドボルザークのスラブ舞曲1-8(これ好きです)、眠りの森の美女からディズニーで使われていた曲、8手の軍隊行進曲があったり、音楽劇もピーターと狼、スノーマンで楽しめました。
S_dscn4424 写真は8手の練習中でピアノはスタインウエイとヤマハ。
 
 今回は、演奏だけを抽出してCD3枚にまとめます。25セットご希望、とのことでCD-R75枚、3枚用のケース25個を準備しないと。

| | コメント (1)

2019年12月13日 (金)

WM-61A(もどき)マイクの改造について

 以前2線式か、3線式か、という話をしましたが、3線式(ケースをグランドに落とす方式)が良さそうなことがわかりました。
 ノイズ源は居間の蛍光灯で、マイクを持ち上げてある距離に近づけるとノイズが出ます。その距離より近づけるとまた出なくなります。
 普通に使っているとあまり差がわからないのですが、ノイズ源との距離がある特定の値の時にノイズがのります。
 ということで、何だかわからないけれど3線式は同じ条件で(距離をいろいろ変えても)ノイズがのらないので、こちらの方が良さそうです。
 
 作るのは2線式が楽なのですが....これから今まで作った2線式を全部作り直す...........ことにします。メンドいなぁ。
 でも、悩まず3線式を作ればいいので方針が決まってラッキー、と思うことにしましょう。

| | コメント (0)

CD-Rとジャケット用の紙

 CD-Rの購入は、一応日本ブランドを買うようにしています。いずれにしろ、海外で作られているのですが、一応品質管理がしっかりしていると思われるので(会社でOEM購入にかかわっていたのでどうしてもそうなっちゃう)。
 数年前は50枚1,000円以下で買えたのですが、今は1,000円以下では見つかりません。見つかったら即購入です。
 国内ブランドで一番安く買える三菱○成のCD-Rは「うまく焼けないことがある」、との評価があるようですが、確かにあります。但し、そのCD-Rを一度はずして、他のCD-Rを焼いた後でもう一度トライすると焼ける場合がほとんどです。
 何が原因かわかりませんが、メディアを検出する初期動作でうまく検知できないことがあるようです。
 一寸手間ですが、再トライで使えるので安いからまぁ良いか、ということで納得しておきましょう(100枚2,000円以下で買えました)。
 
 CDのジャケット印刷用に、インクジェット用の薄い両面光沢紙が無いものか、と思っていましたが、ようやく見つかりました。
 これまでは1枚100円くらいとか、とても無駄にできない価格でしたので諦めてダ○ソーの片面光沢紙を使っていました(半光沢紙が好きだったのですが、最近は○イソーの売り場から無くなってしまいました。プリンタの給紙も光沢紙よりミスが少なかったのですが)。
 ネットで見つけた、両面光沢紙は、0.19mmですが(複数枚にするには一寸厚い)100枚1,100円くらいでした。これならダイ○ーの片面光沢紙の厚紙(0.28mm、7枚110円)より安い!!
 光沢紙だと文字がくっきり印刷できるので、文字を小さくすることでページ数が節約できます。
 複数枚綴じるために、0.13mmから0.15mmの両面光沢紙を作ってくれ~~~、とお願いしたい。

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

録音三昧?

 というわけではないですが、近頃録音が集中しています。
 11月10日(日)に、(元)会社の同僚のコンサート(新しいバウンダリーマイクと、スタンド)、
 11月24日(日)に、地区自治体の音楽祭(新しいバウンダリーマイクと、天井から吊り下げ。3本脚のマイクスタンドの使用は却下されました)、
S__dscn4364 11月30日(土)に、チェンバロの師匠の歌唱のコンサート(棚にバウンダリーマイク(黄色)と天井(シャンデリア)から吊り下げ(水色)。場所が狭く選択肢が無い)、
S__dscn4374_20191217105801  12月 1日(日)に、開成町のピアノコンサート(新しいバウンダリーマイクと、自立スタンド:3本脚のマイクスタンドをステージ中央に使用するのは却下されました。で、右の方にスタンドを設置、3系統で録りました)、
S__dscn1791_20191217104701S_dscn4400_20191217104701S_dscn4390_20191217104401
 12月 7日(土)に、娘の通っていた合唱団/ヴァイオリン教室の慰問コンサート(聴衆の後ろに立てたスタンドと新しいバウンダリーマイク:写真の左端にかろうじて写っています)。
 
 12月14日には、以前ピアノコンチェルトを録音させていただいたクレッセント音楽教室の録音を依頼されました。が、こちらは6時間の長丁場、結構辛いっす。

 新しく作ったバウンダリーマイク、大活躍です。小さいし色も茶色で床の色に対して目立ちません。意外と良く録れています。
S_dscn4414  但し、12月7日は踏まれました。床の振動を伝えないように、ということで埋め込んだジェルの足が抜けるほどの力で踏みにじられたようです。
 でも、踏まれるくらいは想定内、マイクがもし壊れたら直せば良いだけです(近頃『想定外』という言葉が安すぎるような気がします。単に想像力、危険察知能力が不足しているだけだろうと思うのですが....)。
 幸い踏まれた割にはちゃんと録音できていました。途中に一寸変な音が聞こえるような気がするのは、このときに踏まれたかな??       
 
  さて、これだけ集中するとCDの編集にあまり時間をかけていられません。
 11月10日のは22枚コピーして送付しました。
 24日のは映像との合成用にハイレゾの音源をビデオ担当に渡し、演奏者3人に各2枚を送付しました。
 30日のはジャケット不要、只今編集中。
 12月1日のは3名の演奏者に各2枚と主催者に2枚送付。
 12月7日分は只今編集中です。こちらは何枚コピーが必要かなぁ。

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

WM-61Aの三端子改造と二端子改造の違い(簡易比較)

 WM-61A(モドキ)を改造する時、二端子と三端子の2種類の方法があります。
 元々はマイク部分は内部FETのゲートとソースに接続してありますが、二端子はソースとの接続を切ってドレインに接続します。
20191011_3_2  三端子はソースとの接続を切って、別の端子とします。
 元々の接続ではマイク部分にDC電圧はかかりません。しかし、図に示すような使い方では、三端子の場合ソース抵抗で発生する電圧がかかり、二端子ではドレインーソース間の電圧がかかります。よくネットで見かける使い方ではマイク部分に2-3Vしかかけませんが、私の採用している回路では三端子では7-10V、二端子では5-7VのDC電圧がかかります。以前はこれが気になっていましたが、まぁこれまでいろいろ作って問題が出ないので気にしないことにしました。
 そうすると、
 『マイクのケースは三端子はグランドだが、二端子はグランドではない』、
 というくらいの違いだけ?
 二端子の場合もグランドに接続したアルミパイプで全体を覆っているのでそれほど問題はないと思っています。
 
20191011_3r_2  ということで、ほぼ同感度、ほぼ同動作電流(Idss)のマイクカプセルで作った二端子改造品と三端子改造品を比較してみました。
 回路は低感度型(差動アンプのソース抵抗750Ω)で、96kHzサンプリング24ビットでノイズスペクトルを比較しました。赤が三端子、緑が二端子です。サンプル数1ですが、差がないですね。
 
 どちらでもいいなら、二端子が楽かな....

| | コメント (0)

より以前の記事一覧